行列出演の安斉かれんのヤンチャな過去がヤバすぎた!金髪ギャルだった学生時代とは?

テレビ

2020年7月19日放送の「行列のできる法律相談所」に今話題の女性が出演しました!

その名は”安斉かれん”さん。

今各種メディアやテレビに引っ張りだこの彼女がどんな人物なのかをぎりぎりまで追跡調査していきたいと思います。

果たして安斉さんは、どのような人生を歩んできているのでしょうか。

お楽しみに。

行列出演「安斉かれん」のプロフィール

アユ役”安斉かれん、プレッシャーは上手にスルー「いい意味でテキトー ...

名前 安斉あんざい かれん
生年月日 1999年8月15日
身長 157cm
職業 ミュージシャン・歌手・女優・モデル
所属事務所 avex trax
出身地 神奈川県藤沢市
安斉かれんはどんな人物なの?

安斉さんは、あの音楽最大手事務所「avex」に所属する期待の新人女性歌手です!

元々音楽が大好きで、小さい頃からエレクトーン、サックス、ギターなど数々の音楽に触れて育ってきたそうです。

中学生時代は吹奏楽部に入部し、コンテストで金賞をとるほどの実力を持っていました。

 

高校生から原宿のavexアカデミーに通い始め、本格的に歌の練習をスタートさせました。

2019年5月に「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューし、2020年7月現在で5つのシングルを発表しています!

現在では歌手活動に加えて、ドラマの女優業やテレビ番組に出演するタレントとしても活躍の場を広げています

安斉かれんさんの公式ホームページはコチラ!

安斉かれんのデビューのきっかけは?

2019年4月、RELECTという渋谷のギャル向けファッション•アイコンショップで働いていた安斉さんに、M・A・C JAPAN(コスメティック・ブランド)が目をつけ、M・A・Cの店頭コレクションビジュアルのモデルを3か月連続で務めることが発表されました。

このことがきっかけで世間から注目されるようになり、翌月には「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューを果たします!

↑デビュー曲 「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」

 

渋谷のショップ店員んからavexで歌手デビューするなんてすごいですね!

しかもavexアカデミーに入ってからわずか2年ほどでのデビューなんて、すごいスピード出世ではないでしょうか?

私も渋谷のショップ店員になろうかなあ笑

安斉かれんのSNS(Instagram・Twitter)

Instagramではニューシングルなどの音楽情報やメディア情報を発信しています!

ドラマのクランクインの写真など、ここでしか見れない写真も上げてくれるので見ていてとても楽しいですね!

 

Twitterではテレビ番組収録の出番前の姿や楽屋での写真が多く上がっています!

Instagramとはまた違ったオフショットが見ることができてコチラも良いですね!

ドラマ「M 愛すべき人がいて」に安斉かれんが出演?!

2020年2月に4月から放送される、浜崎あゆみさんの告白がもととなった小説「M 愛すべき人がいて」を原作とする連続ドラマの主演に抜擢されたことが発表されました!

若者から大人気の三浦翔平さんとのW主演であり、安斉さんが本格的な演技に挑戦するのはこれが初でした。

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の主演・安斉かれんとは何者か? “令和 ...

 

初めての本格的な演技が浜崎あゆみさん役、さらに三浦翔平さんとのW主演なんてハードル高すぎですよね。。。

私だったらそんなのプレッシャーがすごすぎて耐えられないかも。

 

小学生で金髪?安斉かれんのやばい過去とは?

先日放送の「ダウンタウンなう」に安斉さんがゲストで出演したときに、安斉さんの”小学生時代がヤバイ”と話題になりました。

ダウンタウンなう〗 アユ役で話題!安斉かれん(20)が自由 ...

番組では、安斉さんが「小学4年生くらいから髪を金髪にしたり、カラコンやつけまつげを付けたりし、休日にはばっちりメイクをするギャルだった」というエピソードを話しています!

共演した坂上忍さんが「お父さんには何も言われなかった?」と聞くと、 安斉さんはお父さんには言い訳をしてごまかしていたと言います。

一体どんな言い訳なのでしょうか笑

お父さんは娘さんに優しすぎる気がしますね笑

これぞ令和という新しい時代のギャルなのでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

安斉さんはデビューからまだ約1年の若手ですが、シングル5曲やドラマの主演、テレビ番組出演などを考えると間違いなく、今最も売れているアーティストの一人といって間違い無いでしょう!

まだ1年でこの活躍ぶりですから、今後どんな姿を我々に見せてくれるのか本当に楽しみです!

それではまた会いましょう、さようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました