【イッテQ】西表島に生息するイリオモテヤマネコの生態とは?

テレビ

2020年8月30日に世界の果てまでイッテQ!宮川探検隊が秘境西表島で幻の滝へ&イモト新潟旅!武田鉄矢(秘)感動授業」が放送されます。

人気コーナー宮川探検隊が今回西表島に潜入します。

ということで今回は、西表山猫(イリオモテヤマネコ)の生態についてまとめたいと思います!

スポンサーリンク

【Wiki】イリオモテヤマネコってどんな猫?

猫界のイケメン】イリオモテヤマネコがかっこいい - NAVER まとめ

イリオモテヤマネコは、ネコ科ベンガルヤマネコ属に分類される、ベンガルヤマネコの亜種です。

雄が体長55-60cm・体重3.5-5kg雌が体長50-55cm・体重3-3.5kgで、雄の方が雌より少し体が大きいことがわかります。

尻尾は先端まで太く、尾長は23-24cmで胴が長く、四肢は太く短い丸っこい体型のネコです。

1965年に八重山列島の西表島で発見されました。

20世紀に入って発見された哺乳類は非常に珍しく、加えて当初はネコ類の中でも原始的な形質を有する新属・新種と発表されたこともあってこの発見は大々的にメディア等で取り上げられ世間を賑わせました

1965年に発見されるまでイリオモテヤマネコは見つかっていなかったんですね。

思ったより最近に見つかっている印象を受けました!

しかし、現在は遺伝情報の分析によって、独立種ではなく、アジア東部に生息するベンガルヤマネコの亜種に分類されています。国の特別天然記念物に指定されています。

 

当初は独立種として扱われていましたが、ベンガルヤマネコに似ていること自体は、当初から指摘されていたそうです。

 

【Wiki】イリオモテヤマネコの生息地域はどこ?

 

イリオモテヤマネコの生息地域は、その名の通り西表島に生息しています。

西表島は290平方キロメートルほどの面積で、ヤマネコの生息地域である島としては世界最小なんだとか。

スポンサーリンク

分布域内では、主に標高200メートル以下にあるスダジイやカシからなる亜熱帯もしくは暖帯の森林に生息しています。

河川の周辺や低湿原、林縁などを好んで生息しています。

Iriomote-wilold-cat-distrib.png

↑イリオモテヤマネコの生息地域

【Wiki】イッテQで紹介されたイリオモテヤマネコの生態とは?

イリオモテヤマネコの生態は夜行性で、特に薄明薄暮時に活動します。

太陽が出ている昼間は樹洞や岩穴などで体を休めます

1-7平方kmの範囲で生活をし、行動圏内にある石や切り株、藪などに糞尿をかけて犬のように縄張りを主張します

地表性だが、樹上に登ったり、水に入ったり、潜水することもあるようです。

猫って泳げないイメージがあるけどイリオモテヤマネコは泳ぐことができるんだね!

イリオモテヤマネコの食性は、動物食で、哺乳類や鳥類、爬虫類、両生類、魚類、甲殻類などを、1日に400-600gを捕食します。

イリオモテヤマネコと他のヤマネコ類の違いは、他のヤマネコがネズミ類やウサギなどの小型哺乳類が主要な餌であるのに対して、イリオモテヤマネコは様々な生物を幅広く餌としていることです。

この理由は、西表島にはネズミ類やウサギなどの小型哺乳類が元来生息していないことに加え、イリオモテヤマネコと競合するような肉食哺乳類が他には生息していないことが挙げられます。

【動画】イリオモテヤマネコの貴重な姿

国の特別特別天然記念物に指定されているイリオモテヤマネコの姿は本当に貴重です。

その姿を捉えた映像がこちら!

【イッテQ】西表島に生息するイリオモテヤマネコの生態まとめ

いかがだったでしょうか。

名前は聞いたことはあるけど、イリオモテヤマネコがどんな生物なのか実際しらなかった方も多いのではないでしょうか。

今夜のイッテQをみてさらにイリオモテヤマネコに対する知見を深めましょう!

それでは皆さんまたお会いしましょう、さようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました