【情熱大陸】坂本史衣のwikiプロフィール!学歴や結婚や子どもはいる?

テレビ

皆さんこんにちは!

ぎりぎりトレンドのRYOです。

今回は2021年1月24日放送の情熱大陸に出演する、坂本史衣さんのwikiプロフィールを紹介します!

スポンサーリンク

坂本史衣(さかもとふみえ)のwiki!これまでの経歴や現在の職業

忽那賢志/河岡義裕/坂本史江(感染症医/ウイルス学者/感染管理専門家) | 情熱大陸

名前 坂本史衣(さかもと ふみえ)
生年月日 1968年(誕生日不明)
出身地 福岡県

坂本史衣さんは1968年生まれの現在52歳です。

出身地は福岡県みたいですね!

専門分野は医療関連感染対策。

現在は聖路加国際病院のQIセンター感染管理室マネジャーというポジションで

医療関連感染対策の第一人者として働いています。

聖路加国際病院で、院内の感染対策に20年近く取り組み、

2003年には感染管理および疫学認定機構による認定資格を取得しました!

これまでの経歴として、日本環境感染学会理事厚生労働省厚生科学審議会専門委員

などを歴任していました!

坂本史衣の学歴

坂本さんのこれまでの学歴はこんな感じです!

大学

聖路加国際大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

聖路加国際大学 看護学部(1987年4月〜1991年3月)

 

聖路加国際大学(せいるかこくさいだいがく) 看護学部の偏差値は60.0~62.5となっています。

キャンパスの場所は、東京都中央区明石町にあります。

最寄駅は築地駅のようですね!

大学院

コロンビア大学 - Wikipedia

コロンビア大学公衆衛生大学院(1995年〜1997年)

コロンビア大学はアメリカ合衆国のニューヨークにある名門校だよ。

ちなみにコロンビア大学のことを知らない人のために補足しておくと、

THE世界大学ランキングという、世界の大学格付けで2021年は19位だったよ。

日本の最高学府、東京大学が24位だと考えると、そのレベルの高さが窺えるね!

坂本史衣(サカモトフミエ)は一度看護師を辞めている?!その驚愕の理由とは

スポンサーリンク

もともと坂本さんは、聖路加国際大学看護学部出身で、卒業後はそのまま看護師なりました。

しかし看護師としてのキャリアを続けることはありませんでした。

実は坂本さんにとって、看護師の仕事が合わずにやめてしまっていたのです。

ただその後は、医者でも看護師でもない、感染予防の仕事で再び医療業界に戻ってきました。

現在の仕事では、病院で発生している病原体による感染が起こっている理由を調べ上げて、

目標値を設定して減らしていくことをしています。

坂本史江(さかもとふみえ)さんは結婚している?家族は?子供はいるの?

坂本さんが結婚しているかどうかを、

いろいろ調査をしましたが、結果として情報は出ていませんでした。

独身描きこんか、どういった家族構成なのか、子供はいるのかなどの

情報は一切公開していないようですね。

坂本史衣(さかもとふみえ)はSNSをやっている?

坂本史江さんのSNSを調べましたが、

坂本さんはInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)等のSNSには手を出していないようです。

 

もしかしたら鍵垢などで非公式にやっている可能性はありますね!

坂本史衣(さかもとふみえ)の本などの出版物は?

坂本さんはこれまでに11冊の本を出版されています。

その一部をご紹介します!

感染対策40の鉄則

感染症対策のプロフェッショナルである坂本さんが

医療関連感染対策を成功させるために、実践している40のルール(=鉄則)を紹介しています!

効果的で感染対策に絶対に欠かすことのできない科学的な視点や考え方についてわかりやすく解説している良書です。

医療機関で活用できる知識とコツが満載!

基礎から学ぶ医療関連感染対策(改訂第3版): 標準予防策からサーベイランスまで

こちらも感染対策に関する本です。

感染対策の基礎知識から臨床において議論の分かれる点まで網羅しています!!

感染症に関する細かい予備知識がない方はもちろんのこと、専門看護師や認定看護師を目指している方にもとっても役に立つテキストになっています。

患者の安全を守る医療従事者としては絶対に持っておきたい知識がこの一冊に全て網羅されていますよ!

坂本史衣のwikiプロフィールのまとめ

いかがだったでしょうか。

感染症対策のプロフェッショナルである坂本史衣さんについてまとめました。

コロンビア大学大学院出身など凄まじい経歴が明らかになりましたね。

感染症対策は今一番ホットな話題になりますので、

坂本さんの書籍や発言などに注目して感染症に備えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました